【カンゲキ記録】
「スジナシBLITZシアターVol.11_day1」

DSC_0713

半年に一度のお楽しみ。

今回は前回以上にチケット確保が厳しかったけど、
結果としては隙間でまさかの確保も叶い、皆勤賞♡

3連休だったので当初ガッツリ旅行のスケジュールを立てていたけれども、
スジナシ開催の告知を見てすぐに旅程変更したよね(苦笑)


本日は高畑充希ちゃん。
小動物みたいな可愛さと、どこか男前を感じさせる不思議な子だと思う。

「とと姉ちゃん」、カホコ、サチコ、サクラ。
舞台は「いやおうなしに」「わたしは真悟」「エレクトラ」と拝見していて、
やっぱりわたしの好きな子なんだわ♡と改めて。


観終わっての感想。

頭の回転が速い!余裕がある!度胸がある!ニュートラル!
ちゃんと自分が見えている、俯瞰できているのはすごいなあと感心した。

赤ジャージにキュウリをボリボリ(割といつまでもボリボリしているのも小動物っぽかった)
自分がどういう風に見えるか、よくわかっているなあ。
かといって、自身にとっての意外性もちゃんとわかっている気がした。
怖っ。

鶴瓶さんとちゃんとキャッチボールしているのが安定感があって心地いい。
お父さんとちゃんと向き合える素直な娘。
いつしか鶴瓶お父さんも、めちゃめちゃ娘を大切に思っている愛情深い父親になっている。

あっという間にそんな関係性を感じさせる芝居に仕立てていて、引き込まれた。

最後の「どぉーーーーーーん」のやりとりも、親子の愛情が伝わってかわいらしい。
なんか、ええもん見させてもろた、って思える時間になった。

効果音担当の方も上手で、レベル高い作品ができあがったよな。
すごい、すごい。

わたしのお役目は、挙手すらできずだったけど、今回はコレ。


「アイドルになりたくて ~蛙の子はカエル~」

「アイドルになりたいの ~ドォーーーーン」


ありがとうございました♡




観劇 ブログランキングへ